多量の新幹線等の回数券の他切手購入によるカード使用では

換金を目的にして新幹線の乗車切符の類を購入する→の現金化サービスというもの使用せずに現金化する目的にてカード購入することも同様。

お金に変えるのを意図しているクレジットカードの利用であればクレジットカードの契約条項違反と見做されてしまうためです。

多量の新幹線等の回数券の他切手購入によるカード使用では、ともすると現金化が目的か、というようにマークされる恐れも考え得るので細心の注意を要します。

また、利用時点においてキャッシング枠が限度になってしまっている利用者の場合では、新幹線の旅券等を購買しようとするだけでカード会社から電話が入る場合もあるため経済的にきつい時のカード払いは不可能になってしまう模様です。

金銭的に余裕が無い際において企てることは誰でも同様なのです。

発行会社の立場からみて問題ある利用法をする●話題になった『永久不滅』のような、クレジット会社から見てほんの少しもプラスにならない規約に反した使用を行った場合にはクレジット会社の判断によって強制失効させられることなどもあるのが現実です。

ネットで話題になったクレカポイントの不正な搾取というような世の中には認知されていない情報なんていうが存在してもそういった手段というものは絶対にカードの規定に反する行為になるから絶対に行なってしまわないようにしないほうがいいです。

強制没収の個人情報については他のカード会社も知りうる・・・クレジットカードを強制失効させられてしまっても、ほかのクレカは利用できるのであるから一社なら問題ないじゃん??と思う人昨今の情報化社会でその考え方は信用を消失する危険があるのです。

なぜかと言うと、そもそも強制退会になってしまうという状況においてはクレジットカード各社がアクセス出来てしまう信用機関というものへそういったデータが登録されることによってあなたの信用というものが急落する事態もあるためです。

保有するただの1枚であったとしてもクレジットカードを強制失効になるとその他のクレジットでさえも契約しづらくなってしまうようですし最悪別の使っているカードも没収になる事態もあるだろう。

継続使用できる際でも期限満了と同時に更新不可となることもあり得ます。

兎にも角にもくどいほど記載していますが、没収となってしまうほどの使い方は絶対になさることのないよう、健全にクレカを利用してほしいと思う。

コンテンツメニュー

    Link