ここのショップはアメックスが使用可能なのだな」という感じ

ショップで全てのクレジットカードが使えるのでもない:クレカ会社の加盟店は一般的には、二つ以上のクレジットカードの運営会社に入っていますが、一切の店舗であらゆる運営会社のクレジットカードが切れるわけじゃありません。

例えば昔からある契約店舗の際にはJCBの入っているそのクレカしか使用できない場面もあるし、近頃の契約店舗ならばVISAやマスターロゴのついたカードしか決済不可なときもあります。

ディスカバーカードみたいなクレカ会社ならもっと決済不可なお店が増えるんじゃないでしょうか。

どの印のカードが使用できるかをどのように判断すると良いか「じゃあいかにしてどのマークのクレジットカードが決済可能かというのを判断したらいいんだろう?」といってもちゃんと知るんだったらそこの人に尋ねてみるのみ、というのが残念ながらその回答です。

とはいえども大部分の店舗やレストランにはエントランスのスペースに切れるカードの案内が入っている認証マークが貼られているため「ふーん、ここのショップはアメックスが使用可能なのだな」という感じに不安にならないようにされてるため確認しておいてほしいと思います。

しかし、細かく契約管理が出来ていない加盟店舗の場合にはマークが掲載されている場合でも「現在ではそのカードは決済いただけません」などという回答を受けてしまうなどという状況もないわけでもなくメンツを失うような状況に出くわしかねません。

できる限りは全ての加入店舗でクレジットカードが有効であるようにする目的で、別の種類のマーク(国外会社)がプリントされている一般的なVISAカード、マスターカードアメリカンエキスプレスカード、というようなカードを2枚以上持つようにするとよいと思います(例えば:JCBをいつも使っているなら次はダイナースカードブランドのクレカを使用するなど)。

国内使用のみならVISA、MasterCard、JCBの3つの印が書かれているクレジットカードをいつも所持していればおおむねほとんどの加盟店でいずれかのクレジットカードを提示することができます。

クレジットカードを使って節約を継続していくには、言うまでもないがそれぞれのカードを財布に忍ばせておいていただくことをお勧めします。

コンテンツメニュー

    Link