経済の基礎やいろいろな要素のこと

今回は為替というものの基本事柄の説明です。

為替の市場を簡潔に言うと「人の手でお金の送付をしなくても金銭の受け渡しの趣旨を為し遂げるやり取り」を言います。

普通為替というのは大体外国の為替を指すという事が多いです。

外国の為替とは国同士の貨幣のやり取りをする事です。

海外旅行(イギリス、タイ、米国)など以前にしていれば、間違いなく為替の体験をしたことがあるでしょう。

どこかの銀行にて旅行先の通貨と取り替えしたならば、それは国際為替になると思います。

為替の市場を簡潔に説明すると、買い手と売りたいと思う人の価格の相場を指したものです。

銀行間のやり取りの末に決定されるものです。

そこはマーケットメイカーと言われる世界中の複数の銀行なのです。

為替のレートは種々の働きかけを受けてもなお休まずにみるみる変化して行きます。

為替レートを変動させて行く原因というのは、ファンダメンタルズが挙げられます。

ファンダメンタルズとは経済のゆくえ、経済の基礎やいろいろな要素のことを言うものです。

国の経済の上昇や景気状態、物価水準、金融緩和政策、失業者の割合、重要人物の一言と言う要素が絡み合って為替は変動して行くのです。

中でも国際収支統計と無就業者数は肝心なところなのです。

貿易収支とは何かと言うと、日本の中では財務省よりの命令で中央銀行(日本銀行)貿易の統計を叩き台として取りまとめた国外とのある期の売買を記したものです。

この統計は中央省庁や日本銀行のホームページ等で確認することができます。

労働者の統計、無臭業者数も重大となる場合が多い項目であると言います。

ひときわ米国就労者の統計はポイントとなります。

月に一回公開され検証対象が広範囲なことが特徴です。

為替レートの動向は経済自体の状況であると言えます。

その国の経済の状況を読むことで為替の相場の変動予測ができるようになると言うことです。

コンテンツメニュー

    Link