www.skywalkwithp-ic.com

外国為替証拠金取引(FX)をやる魅力は、単一の商品であるはずが資金投下の期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスという3種類の期間からどの種類をセレクトするのかということで、投資の手法が違うということにあると言われます。1番目に外貨への投資の「長期」に関して詳しく見てみましょう。長期とは一年以上の長期投資を基準にしているものです。為替で、一年以上先の為替の相場がが円高でしょうか、もしくは円安かどうかを予想するのは、難問だと思います。通常であれば「そこまで先の将来のことは未知数です」と思うのが当然です。予測もできないものをなんとか予測しようと思ったところでそれは無理なものなのです。そのため外国貨幣を買ったと仮定して、買ったタイミングの価格よりも円高になったとしても、その損失分はいつか円安になるだろうという気楽な思いで取引に向き合うものです。為替差益をアグレッシブに上げることよりも、その他の収益、要するにスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)で収益を上げるというのをまず最初のねらいにして出資しましょう。当然のことながら、為替差損に損失がひどく膨らむことがあります。そのためそのような損失が大きくなっても耐えうるよう、レバレッジを必要最小限にやり取りすることは必要です。外国為替証拠金取引は、差損が決まった範囲を上回って増大すると追い証が発生したり、それともストップロス(ロスカット)を置く必要があります。ストップロスをしたら、やり取りを打ち切りしなければならず、長期の投資はできなくなります。こういうリスクを避けるには、レバレッジ2〜3倍に設定してやり取りする方が良いでしょう。次に中期スタンスを狙った売り買いについてです。中期の投資では最長でも2ヶ月ほど経った頃を予想してのやり取りを行います。為替の取引の際は、だいたい1ヶ月くらい先のことは、おおかた推測できるだと思います。先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)などのような各国の会議や、為替取引に参加している人たちがいかなるテーマに注視しているかを聞いてみれば、割りと、予測できるはずです。上記のように経済の状態をチェックしつつグラフをチェックすることで、為替相場の状態を把握できるようになり、どちらのポジションかを見定める方がいいでしょう。基本的に、経済の基礎的条件とテクニックのどっちも光り、または買いが一致している時はほとんどそのまま行くと思って大丈夫です。持ち金を増やすことでより多くの儲けを手に入れられるに違いありません。3つ目に短期スタンスの重要点。ここでの短期スタンスはいわゆる日計り取引のことを意味しています。為替相場でデイトレをする際、経済の状態は決して関連がないと断定していいです。それはあくる日の為替レートの変動に経済の状態は関連がないからです。この場合の一番のポイントは大きいイベントがあると、そのおかげで為替相場がかなり変化する機会を狙って取引することです。たとえば、アメリカ合衆国で雇用情勢が出されるそれとも金融会議等により金利が変わるというようなこと。このように絶好の機会に変わり様を見過ごしてはいけないとの意味合いで、短期のスタンスは多様なものが必要となる。

コンテンツメニュー